2012年04月15日

アポロン

唐突ですが、アニメや漫画が結構好きだったりします。そんなに多くみているわけではありませんが、たまに興味のあるものだけ見ていますね。

中でも、ノイタミナというフジテレビ系列の深夜放送枠では、出来の良い物が多く結構お気に入りです。「東のエデン」「東京マグニチュード8.0」「四畳半神話大系」などなど。
特に四畳半神話大系はおもしろかったですね。主人公の生活が、数年間の平行世界を何度も繰り返す形で展開されていき、そんな中で自分の選んだ道だとか、後悔だとか、ああすればよかったこうすればよかった、なんてことが続くのです。オープニングテーマはアジカンの曲でしたね。

東京マグニチュード8.0はその名の通り地震をテーマにしています。東京で巨大地震が発生し、そこで被災した姉弟の視点で物語は進んでいきます。地震が起きた時に東京はどうなるのか、どのようにすればいいのかといった事を、現実に則して描かれている作品です。

といったわけで、今期のノイタミナは「坂道のアポロン」という作品です。うれしい事に、秋田でも2日遅れで放送してくれています。この作品は題材にジャズを取り上げているのです。
1960年代、九州のとある高校へ転校してきた西見薫が、バンカラな川渕千太郎との出会いをきっかけにジャズへ興味をもち始める、といった内容の第1話でしたが、今後どうなっていくのか楽しみです。

ジャズが題材という事で、音楽は誰が担当しているのだろうと気になっていましたが、エヴァンゲリオンでおなじみの菅野よう子さんでした。演奏陣も、ピアノ松永貴志、トランペット類家心平、ドラム佐野康夫・石若駿などなどといった充実振りでしたよ。
また、アニメでありがちだった演奏シーンの適当さですが、そこはさすがノイタミナです。かなりのクオリティで演奏をアニメ化していました。

というわけで、今期はこれで決まり。
posted by Motty at 17:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: