2012年02月22日

清書

機会があり、楽譜を作成するソフトを導入しました。
Muse Scoreというフリーソフトですが、使ってみると機能の多さに驚きます。かなり自由度も高く、ひとまずこれさえあれば大丈夫そうです。さすがに、操作性や設定などは面倒な部分もありますが、気にならない程度です。

こうなると、最近普及しているソフトも気になってきます。10年以上昔は、Finaleというソフトを使用していた事もありましたが、月日とともに使わなくなっていきました。随分時が経ちましたので、きっと使い勝手もかなり改善されているのでしょうね。興味が沸きました。

ですが、簡単なメロディー譜程度なら手書きの方が楽ですよね。編成が大きくなるとこういったソフトが大活躍しそうです。そのうち複数管のアレンジなんてのもやってみましょうか。あ、その前にメンバーがいませんね。
posted by Motty at 14:28| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
無理してPC使って効率が悪くなる...という経験が多々ありますから...w まあ私は譜面書けませんので手書きは、より効率が悪くなります(笑)
Posted by 絵乃 at 2012年02月22日 16:58
最終的に効率が良くなるのなら、喜んで勉強します。しかし、自由度の点では手書きに勝る物はありません。まだまだ手書きが活躍しそうです。
Posted by もってぃ at 2012年02月22日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: