2013年10月16日

方法論

半月ぶりのブログになりました。

人には人それぞれのやり方があるのが当然で、それが自分に当てはまらないからといって否定する事は決して出来ません。
機材の選別をみても、Windowsが好きな人もいるでしょうし、Macが好きな人もいるでしょう。ストラト好きやレスポール好き、アンプだってマーシャルやらローランドやらヤマハやらソルダーノやらブギーやらなにやら。マイクも様々、ドラムも様々、トロンボーンも様々、DAWソフトも様々。
演奏方法もまた然りで、楽器の鳴らし方をみても本当に様々な方法があります。スネアの真ん中を叩くのが好きな人もいますし、真ん中をはずした音が好きな人もいるでしょう。管楽器の張った音が好きな人がいれば、やわらかい音が好きな人もいます。オンマイクが好きなPAもいれば、オフマイクが好きなPAもいます。複雑な音作りを好む方もいれば、シンプルな音作りを好む方もいます。もちろん状況によってそれらを使い分けもするでしょうし、無頓着な部分もあれば、拘りの部分もあり。
基本的な部分をしっかり抑えていれば、どんな方法をとっても大きな間違いなんてありません。どれもこれも人それぞれのやり方考え方です。

私も音楽に関わる者として、そういった方法論は自分の中でかなり確立されています。だからといって普段それを得意気にひけらかす事はありませんし、他者の方法論を否定するような事はもちろんしません。また、色んなやり方を吸収して選択もしたいです。
自分の信じる事をひたすらやればいいじゃない。
posted by Motty at 10:42| Comment(0) | 日記