2013年04月27日

試行

購入した機材が一通り揃いました。中古のPresonus StudioLive 16.0.2が珍しくでていたので、悩みましたが買っちゃいましたよ。ついでに荒川くんの所で使っていたPCのパーツをもらってきて導入です。CPUはCore2Quad Q9550。私のマザーボードに対応するCPUでは、おそらく最速クラスです。ついでにメモリも装着して2GBから4GBに。これに加えてWindowsXPから7に変えたのと、IEEE1394のボードも装着しました。ついでにとても汚かったキーボードも買い換えちゃいました。

いやあ、とても快適です。元々昨年にSSDを入れてましたので、Windows7にした時点でかなり快適でした。さらにCPUもメモリもとなれば、かなり違いますね。

噂のPresonusですが、デジタルミキサーという事もあり慣れるには少々時間がかかりそうです。使い勝手はかなりよさそうです。
しかし、期待していたSmaart機能は残念ながらあまり使えなそうです。というのも、メインミックスで出力している音にしか反応しないのです。測定用マイクをインプットチャンネルに差し込んだとして、それを測定するにはメインミックスに出力しなくてはいけなくなります。当然ハウリングもおこしますし、他のチャンネルの出力も検出してしまいます。
というわけで、そもそも16.0.2では測定する事を前提にしていないのだと思われます。しかし、測定以外の部分ではかなり活用できそうですので、これはこれでとてもありがたい機能ですね。

肝心のライブレコーディングはどうでしょうか。とりあえず無音の状態で録音してみましたが、全く問題なさそうでした。今度どこかで挑戦してみます。
posted by Motty at 11:21| Comment(0) | 日記