2010年01月05日

現実の怖い話や、都市伝説などが結構好きだったりします。がしかし、自分では全く経験したことはないです。

俗に言う「気にあてられる」という、場所の雰囲気や周りの人の雰囲気に影響を受けるという事は、体験としてみなさんもあると思うのです。
ライブ前の緊張感や、演奏が盛り上がった時の高揚感。そういった気は、たとえ音楽を全くわかからなくても肌で感じられます。また、ホール・野外・ライブハウス・バー等といった様々なシチュエーションでも感じ方は違います。野外ライブの開放感なんて好きですね。
こうした、楽しい場所に行けば自分まで楽しくなる、悲しい場所に行けば悲しくなるといった事はありえると思うのです。

逆に、遮断してしまう事もできてしまうと思います。周りが楽しそうにしていても、頑なに混ざろうとしない人っていますよね。また、他の事に気をとられてそれどころではないという事もあるでしょう。

こうしてみると、結局は自分の受け取り方次第ですかね。たとえ演奏技術が高くなくても頑張って演奏している姿を見るのが楽しいと感じるのも、そういう事かもしれません。逆に傲慢な雰囲気のする演奏を楽しく感じないのもきっとそういう事でしょうね。
そう考えると他人は全く関係なく、自分一人の中で完結しちゃう事になりますね。
いやいや、でも確かに周りの影響はあると思います。感じるも感じないも自分次第という事ですか。ならば、できるだけ開いた心を持っていたいものです。

さて、今日は所用で病院に来ています。普段病院に縁がない私は、なんとなく少し重苦しいと感じてしまいます。こういう時は気をしっかり持っておきたいですね。
posted by Motty at 11:00| Comment(0) | 日記