2008年10月16日

男鹿和雄展

昨日は角館まで足を伸ばしてみました。
平福記念美術館にて、トトロの森を描いた人である男鹿和雄展が開かれているのです。普段絵画などの美術に触れる機会がとても少ないので、せめて興味のある物位は積極的に見に行きたいですね。
背景画や、セル画など、映画で見た色んな景色が展示されていて、見ごたえがありました。そんな人が秋田出身なのは誇らしいです。きっと秋田の自然や育った環境がそのまま絵に表れているんでしょうね。

平日だというのに、角館はたくさんの人で賑わっており活気がありました。秋田市内もそうなればいいですね。
posted by Motty at 12:14| Comment(0) | 日記