2008年06月01日

一夜明けて

昨日はキャットウォークにお越しの皆様、本当にありがとうございました。とても心地よい時間を過ごすことができました。おかげさまで満員御礼。演奏にも自然と熱が入りましたね。
演奏している時は自分が音に包み込まれている感覚で、周りが真っ白でした。ただただそこに音がある感じでしょうか。

予断ですが、パットメセニーはあるインタビューで「アドリブの時はコード進行とかスケールとかを考えて弾いているんですか?」という問いに「君は会話する時に文法とかを考えて喋っているのかい?」と答えたそうです。喋るように楽器を弾く。そんな境地に達してみたいものです。

さて、これをもってピアノの和田君が一旦勉学に励むということでした。でも、毎日毎日朝から晩まで勉強するわけでもないでしょうから、暇をみてちょろちょろと弾いてくれることを期待しましょう。

私個人的にはもうちょっと小さい編成でゆるーい曲に挑戦してみようかなと思っています。今後もよろしくお願いします。
posted by Motty at 14:56| Comment(4) | 日記